【4KOMA】振りで振られる二人かな

今日は、まんがタイムオリジナルより、近衛桜月さんの4コマ漫画“負け恋。~ずるい恋の始め方~”を紹介します。
ゲストで登場の本作は、失恋模様から始まるストーリーで。
第1話では、好きだった幼馴染の結婚式に行ってやさぐれている男性社会人と、好きだった男性に彼女ができて悲しんでいる女子学生の2人の出会いが描かれています。
失恋した話だけで終わってしまいましたが…最後のヒキで、続きへの予兆が。
欲を言えば、1話でそこまで持ってって欲しかったかなぁ。
この1話が丸々、振りでしかないのはちょっともったいないかもと思いました。

【4KOMA】ふびひろ

今日は、コミックキューンより、安田剛助さんの4コマ漫画“姫ヶ崎櫻子はいつも不憫可愛い”を紹介します。
主人公が(ヒロインではなく)、負けヒロインというちょっと変わった着目点の作品。
ほぼ全ネタで、怒るか泣くか羞恥に耐えているかしているほどの、表情の変わりっぷりが素敵です。
いやぁ、個人的には好きなタイプなんだけどなぁー!
こんだけ属性盛り盛りな主人公も、逆に珍しいかもしれないですね…
ちょっとこの先面白そうな作品です。

-----
もう1作、コミックキューンより、兎月あいさんの4コマ漫画“大罪竜なんて大嫌い!”を紹介します。
たしか連載2話目の本作は、キュートすぎる幼女竜と、その子が入っている収容施設の看守の男性をメインにしたお話でして。
ゆるふわな見た目に反して、ちょっと重めのストーリーになっている作品です。
竜っ子・ラビちゃんの天真爛漫さと、ポジティブさに癒やされるー
設定が設定だけに、暗い展開になっていって欲しくないなぁ…と個人的に思います。

一葉しりとり(3113)

今日の一葉しりとり。昨日のジャンル“エンタメ”は「石原良純」さんでした。
眉毛も特徴的な、鉄道に詳しい、マイコン刑事ですね。

今日は「石原良純」さんの「み」から、ジャンル“自然科学”でこんな感じで~

f:id:MORIKU:20200409093038g:plain

 

【日常】お買い物風景

緊急事態宣言が発されるらしいという噂があることもあり、昨日今日は買い物にもでかけました。
昨日はドン・キホーテへ。いろいろ購入する中、朝ごはんにしているレトルトカレーを多めに購入。
インスタントのラーメンとカレーはちょっと品揃え的に売り切れてるのもありますね…
概ね商品は揃っているようでした。
平日の昼だったのに、思ったより人も多かったです。

午前中は普通の複合スーパーへ買い物に。100均などでも色々購入。
午後はニトリへ。
昨日のドン・キホーテでスチールパイプラックを見て欲しくなったのですが、サイズ感が分からず。
家に帰ってサイズを図ってから、品揃えが多いだろうニトリへ。
ちょっとお高めのかなりのサイズのものと、押入れ用の小さめのを1つづつ購入。
一度配送を頼んでおきながら、ぎりぎり持てそうだったので持って帰りますと宗旨変えする悪い客。
結構重くて、ほんとギリギリでした。
あとは組み立てるのと、転倒防止策をなんとか考えないと…

【4KOMA】デミ金お嬢様

今日は2誌からのご紹介。
まずは、主任がゆく!スペシャルより、たかの宗美さんの4コマ漫画“金髪女将綾小路ヘレン”を紹介します。
“主任がゆく!”の作者であるたかのさんの、もう1つの連載作がこちらでして。
結婚して旦那の実家の京都老舗旅館お女将となったブロンド女将の姿を描きます。
今回取り上げたのにはわけがあって、多分4コマ誌で最も早く「新型肺炎」がネタに入っているということ。
もちろん旅館なんて大打撃ですから、新型肺炎に負けないぞー! って話ですが…
3月22日発売ってことは、それよりも結構前に書いているはず。
すると、ここまで大変な事になっているかは分からないわけで…先見の明があるというか、すごい。
たしか、「令和」をネタに入れるのもめっちゃ早かったんだよなぁ。たかのさん。

-----
続いて、まんが4コマぱれっとより、中原開平さんの漫画“鬼塚ちゃんと触田くん”を紹介します。
デミヒューマンも普通に過ごす、パラレルワールド的な日本を舞台とした作品で…
鬼の鬼塚ちゃんと、異種族触感フェチの触田くんを中心としたデミ・ショートストーリー・ラブコメがセンターカラーで登場!
クリスマスを舞台に、二人のプレゼント交換の姿が描かれて、爆発している感じです。

-----
もう1作、まんが4コマぱれっとより、まと。さんの漫画“お嬢様に娶られる!”を紹介します。
ゲストで登場の本作は、家庭教師としてお嬢様の家に行った大学生女子が…
お嬢様(とそのお付きのメイド)にいいようにもて遊ばれるお話。
比較的デフォルメされている人物ながら、肉厚感があり独特なテイストがある作品ですね…
最近あまり無かった、ぱれっとの変態枠を補ってくれた作品ですね。